カート
廃棄されたメラミンをトップに使用したテーブル。普段は隠れて見えなくなっている素材を魅力的な主役に。デザインは藤森泰司。製作はハルナ工芸ほか。

OVERRIDE BA

180,000円(税抜) 〜 190,000円(税抜)
各オプションの詳細情報
仕様
サイズ
購入数

OVERRIDE BA

180,000円(税抜) 〜 190,000円(税抜)

ご購入の際の注意点

  • 1回につき6台ずつ生産しております。
  • 在庫がない場合はおおよそ2ヶ月お待ちいただく場合があります。
  • 天板トップに使われているメラミンは、産業廃棄物を使用しております。
    そのため、貼り合わせの位置が商品により一つ一つ異なります。
「OVERRIDE BA」組み立ての写真
  • テーブルの組み立ては、お客さまにてお願い致します。
  • ジョイントパーツと締め込み金具は同梱致します。
  • 別途組み立て作業も承ります。お気軽にお問い合わせください。
品番 OVERRIDE BA 1600-M
OVERRIDE BA 1400-M
仕様
  • 天板

    パーティクルボード・ウレタン塗装の上、
    メラミン化粧板バッカー材練付オイル研磨仕上

  • スチール・溶融亜鉛メッキの上、リン酸処理(濃色)・アジャスター付き

サイズ 1600W × 800D × 720H
1400W × 800D × 720H
納期 在庫がある場合は約2週間。在庫がない場合は約2ヶ月。
図面 図面・3Dのダウンロードはこちら
備考

ワイドはサイズを変えてお作りする事も可能です。
ご注文数が6台以上の場合は、特注サイズやオプション加工に対応できます。

オプション例

  • 配線穴あけ
  • キャスター加工

など

お気軽にお問い合わせください。
※お問い合わせのメールに、サイズ・数量・お届け希望時期の記載をお願いします。

デザイン藤森泰司 aemonoのロゴ
素材提供株式会社モノファクトリー aemonoのロゴ
製作工場有限会社ハルナ工芸・株式会社アリギス・
日本パーカライジング株式会社

「OVERRIDE BA」の写真

新たな価値を伴い日常に戻す。産業廃棄物で作ったワークテーブル。

普段の生活では隠れて見えなくなっている素材を、魅力的な主役として浮上させました。

その素材とは、キッチンや家具の面材を作る際に下地として使われるパーティクルボードとメラミン化粧板のバッカー材です。キッチンや家具などを製造する工程で、それらの端材がやむを得ず生まれてしまい、活用方法が見つからず廃棄されていました。この素材を用いて作られるテーブルは、群馬県で産業廃棄物を素材として流通させる株式会社モノファクトリーの資材提供に始まり、木工や金物加工そしてメッキ処理なども同じ県内の工場や職人達の連携プレーで完成します。

産業廃棄物も、決められた用途から解放した視点で眺めてみると、また別の“素材”として浮かび上がってきます。このテーブルは、そうした“素材”が潜在的に持つ魅力を、端材をきれいに接続する工夫や、丁寧に磨き上げるといった“手間をかける”ことにより引き上げ、新たな価値を伴い私達の日常に戻ってくる。そんなモノの在り方を目指してデザインしました。モノの価値に対するひとつの提案です。


「OVERRIDE BA」の写真

その時々に廃棄される端材を使っているため、一つ一つの商品に個体差があります。
これ以上、そぎ落とす構成部材はないほどに「プレーンなテーブル」ですので、使用している素材のそれぞれの質感が際立ちます。


「OVERRIDE BA」使い方の写真

テーブルのスタンダードサイズは160cmと140cm。一般的なオフィスデスク120cmよりも広く作っています。広い天面で作業をすることでクリエイティブな仕事がはかどります。


「OVERRIDE BA」素材の写真

産業廃棄物として排出されたパーティクルボード。 (写真左)
産業廃棄物として排出されたメラミンのバッカー。(写真右)


「OVERRIDE BA」株式会社モノファクトリーの写真

素材の提供者でありOVERRIDEの販売元は、産業廃棄物の次の使い方を創造する株式会社モノファクトリー。

群馬県前橋市と東京都品川区のショールームには、元廃棄物だったたくさんの素材が、そのままの姿で展示されています。


「OVERRIDE BA」家具デザイナーの藤森泰司の写真

デザインは、家具という道具を社会的な視点から真摯に考察し設計する家具デザイナーの藤森泰司。
(写真右。左は担当スタッフの石井翔)


「OVERRIDE BA」有限会社ハルナ工芸の写真 「OVERRIDE BA」有限会社ハルナ工芸の写真

天板の製作は、丁寧な木工・塗装・磨きで家具を製作する有限会社ハルナ工芸。前橋市に隣接する榛東村にあります。


「OVERRIDE BA」株式会社アリギスの写真 「OVERRIDE BA」株式会社アリギスの写真

脚部の製作は、最新の板金設備を持ちながらも、熟練した職人の手作業も継承する株式会社アリギス。群馬県前橋市にあります。


「OVERRIDE BA」日本パーカライジング株式会社・前橋工場の写真 「OVERRIDE BA」日本パーカライジング株式会社・前橋工場の写真

脚部のメッキ仕上は、建築物〜小さなパーツまで様々な金属に表面処理を施す日本パーカライジング株式会社・前橋工場。


家具もつくり手から使い手へと受け渡される過程や関係性を知り、同じ価値観やことばを共有しながら選んでいただけたら。という思いで開発しました。自分の手で作り出せる新しい価値を想像しながら、このテーブルを使っていただけますと嬉しいです。

商品開発プロセス

これまでの開発プロセスは、以下ブログでご覧いただけます。
【OVERRIDEブログ】新たな価値を伴い日常に戻す。産業廃棄物で作ったワークテーブル。

メディア掲載実績

共感してくださったメディアにも多数掲載されました。以下ブログでご覧いただけます。
【メディア掲載実績】

メディア掲載実績「日経MJ新聞」 メディア掲載実績「Casa BRUTUS」 メディア掲載実績「Pen」 メディア掲載実績「CONFORT」 メディア掲載実績「家具デザイナー藤森泰司の仕事(しょうこく社)」

OVERRRIDEをご購入の皆さまへ

「OVERRIDE BA」の写真

お使いの様子を撮影したスナップ写真をお送りいただけませんか。
ブログやSNS・WEBサイトに掲載させてください。
お問い合わせはこちら


「OVERRIDE BA」の写真

ひとつひとつ表情の違うOVERRIDEが、どんな風景の一部となるのか製作者一同、楽しみにしております。
一緒に「産業廃棄物の次の使い方を創造する」コミュニティを育てていただけますと嬉しいです。


この商品を購入する